PLAN & REPORT 事業計画・報告

平成28年度 事業計画

事業名 時 期 概 要
1 理美容商品等の市場調査
(調査委員会)
平成28年4月~平成29年3月 NBBA会員会社のカテゴリー別商品出荷ベースによるマーケットシェアの分析を行う。
2 理容室/美容室男性ユーザー
利用意識NET調査(春期調査)
(調査委員会)
平成28年5月 男性ユーザーの理容室/美容室の現利用店舗評価、店舗選択行動、ヘアスタイル意識の調査を行う。
3 サロン女性ユーザー
意識NET調査(秋期調査)
(調査委員会)
平成28年10月 サロンユーザー(女性)の現利用サロンの評価、サロン選択行動、ヘアスタイル意識等を調査する。
4 第15回 NBBAカレッジ (継続事業)
(アカデミー委員会)
平成28年11月10日・11日 目的 : 会員会社の社員に対して、理美容業界の活性化及び社員の資質の向上を図るためため、レベルの高い研修を開催。
テーマ : 「モチベーションとチームワーク」
会場 : (大阪)ロレアル大阪 (東京)タカラ代々木美容会館
講師 : (11/10大阪)植松直哉氏(柔術家/プロMMAコーチ) (11/11東京)駒田徳広氏(元読売ジャイアンツ)
5 臨時セミナー開催
(アカデミー委員会)
平成28年4月~平成29年3月 目的 : 美容環境や労働環境における課題に関する研究をスポット的に実施。
6 第15回海外視察ツアー
(アカデミー委員会)
平成28年10月11日10月13日 目的 : 美容環境における課題や解決のヒントを海外に学び、社員の資質の向上を図る。
趣旨 : 発展著しいアジアの理美容事情の視察(教育制度、資格制度、流通の仕組み、消費動向など)レポートと今回はジャーナルの方々も同行、現地サロンの方々と交流を図る。
視察先 : 台湾(台北中心)…サロン・代理店・学校視察及びサロンの方々との交流
7 アルミチューブ回収取り組みのフォロー
(環境委員会)
平成28年4月~平成29年3月 ・アルミチューブ回収を実施しているサロン・地域に対して、支援を行う。
・これまでに実施された地域、サロンでの成功事例、失敗事例を整理し、今後の実施要望に速やかに対応できる準備をする。
8 廃棄物のリスク管理
(環境委員会)
平成28年4月~平成29年3月 ・廃棄物処理で起こったトラブル事例の研究を行い、リスク管理に繋げる。
・廃棄物処理に対する行政の対応の研究を行う。
9 NBBA活動の認知向上
(広報委員会)
平成28年4月~平成29年3月 ◆目的 「NBBAの活動自体の認知向上 : 継続事項」
サロン市場への真の貢献に繋がるようNBBAの活動を継続的に発信。協会活動の理解の拡大と認知向上を目指す。
またメディアや団体との新たな取り組みの受け皿となるべく、Webコンテンツとシステムの強化を図る。

◆活動内容
①HPの内容充実とメインテナンス強化
・サロンユーザー調査の更新
・事業報告書、事業計画書の更新
・サロンユーザー調査データーのハイライトビジュアルの更新

②サロンユーザー調査の活用強化
・メディア、業界団体との良好な関係作りと積極的なコミュニケーション
・「各団体」シンポジウムやセミナーとの連動やデータの共有を模索
・業界内外メディア41社に加えて、「業界35団体」に広報、調査連名で「サロンユーザー調査」と告知チラシを送付。
・「美容の新しい価値」シンポジウムで「サロンユーザー調査」「ハイライト版」「読み解きトピックス」をCD化して参加者に配布。

③データーから見る「ユーザー調査データ読み解きトピックス」の継続
10 NBBAの新しい活動の創造
(広報委員会)
平成28年4月~平成29年3月 ◆目的 「NBBAの新しい活動の創造」
理美容業界の将来を見据えた、“課題や貢献事案”に関する活動を広報委員会と各委員会が連動で企画、「NBBAの価値確立への行動」を具体化し新しい市場の創造を目指す。

◆活動内容
①他委員会との連動強化
・アカデミー委員会、流通委員会外部セミナーのレポート掲載、海外ツアーへの参加、ジャーナルアテンドとレポート。
・他委員会との合同セミナーの開催。
・6月総会後のジャーナル記者会見の運営。

②他団体への活動支援
・美価値セミナーPR用CD代、データ制作一式。
・調査委員会との合同でWEBサロンアンケートを行い、NBBAとしてより総合的なサロン支援を行う。
11 ホスティング
(広報委員会)
平成28年4月~平成29年3月 ◆目的 「サーバーの安定運用」
①ホスティング(通年)
・問題なく運用する。
12 業界流通システムの標準化推進活動
(流通委員会)
平成28年4月~平成29年3月 目的 : 業界に対する最新の流通システム情報の提供を行い、EDIの推進をはかり業界全体の効率化を目指す。

①流通オープンセミナーを東京・大阪で開催
プレス・代理店・業界メーカー向け業界関係者に流通に関しての情報と啓蒙を与える目的で定期的に開催
流通に関する基調講演と流通委員会活動のアピールを行う。
②「NBBA楽々注文ねっと」「 NBBAサロン楽々注文ねっと」推進業務
③各社共同での代理店訪問
④理美容業界VAN推進業務
13 業界標準流通システム構築事業
(流通委員会)
平成28年4月~平成29年3月 目的 : 業界内の標準化をはかり、業界トータルの情報システム化とコストダウンの推進し、業界全体の効率UPを図る。

①「NBBA楽々注文ねっと」サービス内容拡充
②次期「NBBA楽々注文ねっと」仕様検討
14 流通システム研究
(流通委員会)
平成28年4月~平成29年3月 目的 : 理美容業界内の物流システム全般を考察し、業界全体の効率化に寄与する仕組みの研究を行い業界の方向性に何らかの判断情報を提供できるようにする。

物流システム研究
①物流研究実施のためコンサル費用
運転手不足、燃料高騰に起因する運送不安や宅配便隆盛による今後の運送形態の研究を行い、モデルケースの策定。
②異業種物流センター見学会の実施
  • NBBA楽々注文ねっと