VAN VANの仕組み

VANとは
Value Added Networkの略で付加価値通信網と訳されています。
当初は,通信サービス業者が効率のいい伝送サービスを提供したり,異なるコンピューター同士を接続する通信手 順変換を行うことにより付加価値を付加した通信サービスをあらわしていました。
最近では異なる企業間のコード変換,フォーマット(文書形式)変換,ファイル変換,データ蓄積,データ処理も含めて, より高度な変換機能を通信網に持たせる動き全体をさしています。
一般市場でのVANの取り組み
一般市場においては、既に1985年より導入されており、日雑卸流通においては無くてはならない存在になっています。
日雑化粧品業界VANはプラネットといい、当初ライオン、ユニチャーム、資生堂、サンスターなどのメーカーにより 設立され、メーカー・卸店・小売店との間のデーター交換ルールが定められ、受注・発注、請求、出庫データー等の様々なデーターが共有され、卸店の合理化に大きく貢献しています。
理美容業界VANについて
理美容業界においては、代理店側より一般市場のような業界VANを作りたいとの希望があったのですが、実現できずに今日にいたっていました。
近年代理店サイドのメーカー数取り扱いの増加、コンピューター導入熱の高まり、在庫管理の強化によりVANの必要性が高まりつつあり、メーカーサイドとしても近い将来の必要性を認識し、当初はメーカーにも負担になるものの導入に踏み切りました。
一般市場で既に安定稼動しているプラネットVANを理美容業界に導入することで、スムーズな導入を図ることに決定しました。
代理店側のメリット
■個々のメーカーへの発注をしなくて済む。
■商品マスターのメンテナンスが楽になる。
■プラネット未参加のメーカーも含め全仕入先への発注を
 オンラインで一括して伝送する事が可能となる。
■仕入伝票入力の省力化、入力ミスの削減が図れる。
■個々のメーカーと通信システム上の調整を行う必要がない。
■発注事務作業の軽減
■発注・入庫・出荷の一連のノウハウを得ることが出来る
■JANコードを利用した倉庫管理の合理化ができる。
代理店側のメリット
各社が自らの利益だけにとらわれると、多くのネットワークが錯綜し、現場は端末機だらけになってしまう。余分なコストがかかるために商品価格は低くならず、消費者・メーカー・流通業者の誰も利益を得ることができない。
活動内容
  • NBBA楽々注文ねっと